【TOEIC655】アパレルショップ店長、木村奈美さんの勉強法




TOEIC655を達成した、アパレルショップ店長の木村奈美さんの勉強法です。

はじめに

洋服がずっと大好きで、高校卒業後洋裁の専門学校に通いました。夢は、アメリカの古着とオリジナルの自分の洋服を、一緒に販売できる可愛いお店をオープンさせる事です。今は大手のアパレルショップで、雇われ店長として働きながら、お店の経営の仕方など勉強しつつ、接客・販売・商品管理など、お店に関する事は何でもやっています。

TOEIC受験に至る経緯

30歳を目前にして、私は自分の夢の実現の為に、もう少し具体的な努力を始めてみたいと、考えるようになりました。一番はお店を開く為の資金ですが、これはコツコツと貯金を続けています。

その他に必要な事は、海外に買い付けや商談に行く際に、絶対に必要になってくる語学力です。
商売をやっていく為には、ただ聞くだけではダメです。自分の考えや希望をはっきりと、取引先に伝えられなければ、納得いくお店経営は難しいでしょう。そこで、私はお店を開く目標達成の為ビジネスシーンで使える英語を学ぶ事にしました。

その中で私は、実力を図る事ができる英語のテストとしてTOEICを選びました。このTOEICで700点近くの点数が取れれば、お店の為のやり取りも、それなりにスムーズにできそうです。いきなりは無謀とは思いながらも、目標は650点に設定しました。

TOEIC655を達成した勉強法




自分の性格上、一人で勉強するのはあまりよい考えとは言えない気がしました。その為、仕事が終わった後からでも通う事ができそうな、TOEICの為の専門講座を探して、週二回から通い始める事に決めました。

TOEIC専門講座を利用

コースは初級向けの、スコア500点からを目指す内容です。基礎の中学生レベルから徐々に難しくなり、模擬試験まで進むような構成です。

私のように普段はほとんど英語に触れない仕事をしている人間にとっては、これくらい初歩から始めてくれるコースはとてもありがたかったです。

こうして6ヶ月間学んだのですが、問題集とにらめっこする個人学習よりこちらの方が私には向いていました。わからない事は先生に直接質問できますし、問題集の購入も迷う事なく配布されたテキストを利用すればOKだからです。

また、グループ授業のクラスであれば同じ目的を持つ仲間との出会いもあります。一緒にがんばっていこうという連帯感もあり勉強もはかどりました。

公式問題集を休日に解く

他に購入したものは、「TOEICテスト新公式問題集」です。

これは、TOEICを受ける人の間では、一番ポピュラーな問題集なので持っている人はとても多いです。本番さながらの練習テストができます。仕事が休みの日はこれでTOEICテストの練習をしました。

TOEIC655を達成




リスニング300.リーディング355のスコアで、合計は655でした。

フィードバック

公式問題集を解いていたおかげで、本番の試験での時間配分も上手に行なう事ができました。
時間が足りなくて埋められないような問題は、発生しませんでした。

最後に

もう少しショップ店員として働いてお金をしっかり貯める事ができたら、アメリカに渡って仕入れる古着の情報をたくさん集めたいと考えています。

そして、TOEICも更にハイスコアをねらって、英語のスキルも万全にしたいと思います。その後、自分の夢である可愛い洋服店のお店を開けたらと思います。

木村 奈美

自分の夢、可愛い洋服のお店を持つため、アメリカに買い付けに行きたい・・・。仕入れに必要な英語力を持つため、実力を把握しやすいTOEICに挑む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です