【TOEIC660】外資系転職を目指した池田剣さんの勉強法




初受験で550。その後660点を獲得した池田剣さんの学習法です。

外資系転職を目指してTOEICスコアアップを目指す事に

今は国内の企業で働くエンジニアです。しかし「世界を股にかけて働いてみたい」という思いは消えず、外資系企業への転職を考えています。

もしも転職に失敗しても、独身の今ならまだやり直しもききますし、迷っている間にも時間は経過してしまいます。今すぐにでも転職といきたいところですが、目標の企業や就職できる目途が立たないうちに退職の意向を伝えるわけにはいかないので、しばらくは仕事を続けながら「外資企業を目指す下地作り」に励むことにしました。

初受験でTOEIC550点を達成した勉強法

TOEIC対策として使用した教材

とはいえ、英語の勉強をいきなり独学で始めるのは何から手をつけて良いのかさえわからず、途方に暮れてしまいそうでした。そこで、Z会のキャリアアップコースという通信講座に入会してみることにしました。

仕事をしながら勉強するのにどこかに通うのは時間的に厳しいので、こういった通信講座はとてもありがたい存在でした。自分のスコアはよくわかりませんでしたが、まずは「2ヶ月間で500点越えを目指すコース」を選択しました。

・TOEICのテスト形式に慣れることができる。

・基礎を短期集中で学ぶ内容構成だったので、無駄なく学べる。

上記2点が、忙しい社会人の僕には嬉しい限りでした。

もっとTOEICTEST DSトレーニングも使用

「DSでTOEICの勉強ができる」。そんなソフトがあることを知ってネットで注文してみました。Z会の他には、これを使用しました。ソフトのタイトルは「もっとTOEICTEST DSトレーニング」です。この他にもいくつか種類がありますが、一番新しいものがこちらだったので決めました。

DSを隙間時間を活用し勉強に励む

DSは、通勤カバンの片隅に入れておいたとしても邪魔ではありません。持ち歩き、電車内でたまたま座れた時などにサッと開いていつでも勉強出来るのが良かったです。長い通勤時間を有効に使えました。

TOEIC初受験の結果は550点

後日届いた結果は

・リスニング260点

・リーディング290点

・トータル550点

でした。

500点コースで学んでいたのでこれは予定通りのスコアでした。ちなみに、僕が興味を持った会社の募集要項には「TOEICスコア700点以上の方歓迎!」と書かれていました。550点の僕はまだ実力不足です。しかし、苦手なことを減らしていくことで手ごたえを感じ始めていました。

TOEIC550→700点オーバーを目指しての学習法




Z会のキャリアアップコースを700点獲得を目指すコースに変更し、空いた時間にはDSを使って単語や文法の復習をしました。

リスニング学習に力を入れる

前回ダメだったリスニングに集中して臨み、スコアアップを狙っていきました。洋画をレンタルして家で聞き取る訓練をしました。また、ひたすら模試用のCDをipodにいれて毎日とにかく聞き続け、「単語を聞き分ける練習」をしたり、「言い回しなどに慣れる努力」をしました。こうして2ヶ月ほど集中して基礎やリスニングを学習し、季節が変わる頃にまたTOEICにチャレンジしました。

2回目のTOEIC受験 スコアは660点

・リスニング350点

・リーディング310点

・計660点

と、残念ながら目標の700にあと少しでした。

最後に

しかし、あと一歩の努力で僕は念願の企業への転職の条件を獲得することができます。僕は今、TOEICという外資系転職の為の武器を手に入れる為の更なる努力の真っ最中です。

池田 剣

国内某大大手メーカーのエンジニア。外資系企業への転職に向けてTOEIC取得に挑む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です