TOEIC・英語勉強法 当サイトについて 記事一覧 勉強法募集中 RSS facebook twitter

【TOEIC700】シャドーイングを採用。安井美香さんの勉強法

(2010年11月26日 11:00)



シャドーイングをうまく取り入れ、TOEIC700点を達成した安井美香さんの勉強法です。


TOEICを受験した理由

私がTOEICを受けようと思ったのは、
・英語がわかるって、かっこ良い
・普段でも耳にする機会が多いので、知っていて損はない
・むしろ自分の宝になる
と感じたからです。


また、ただ英語を学ぶだけでなく、TOEICというテスト形式を選んだ理由は、何となく勉強をするのではなくて「TOEICを受ける」などの目標を持った方が、人は向上心を持ち、モチベーションも高く維持して学習できるかなと思ったからです。


とまあ色々語ったのですが、一番の理由は「英語を話せる友達の影響」かも知れません。


英語をしゃべれない苛立ち


以前その友達と一緒だった時に、英語圏の方とご一緒する機会がありました。彼女は楽しそうにコミュニケーションを取っていましたが、私の方はさっぱりです。何となく言っていることはわかったものの、返す言葉が見つからない。


その時私は情けないことに「Oh,yeah!」「realy?」「what?」とか、あとは意味不明にやたらと気にいっていた言葉である「Cool!」を連発するのみでした。それ以外は、たどたどしかったり、浮かばなかったりして、結局言葉を飲み込んでいました。


結局その時間は新鮮で楽しかったのですが、ニコニコと彼らの話を聞いているだけだったのがちょっと寂しかったです。彼女がとっても羨ましかったです。


友達はTOEIC900点

そしてなんと、彼女はTOEICのスコアが900です。その頃はTOEICについて知らなかったので、
「へえ〜〜何となく、凄い気がする」
としか思っていませんでした。


ただ、今となっては、「ええ!!き、900点って、凄いよね!」と彼女を尊敬するばかりです。友達は、海外に行っていたことがあります。最初は言葉が良くわからなかったものの、どうしても英語でしか伝わらない環境であったために、鍛えられたそうです。


今の彼女にとって、TOEICは我々の「国語」の試験のようなものなのかも知れませんね。それにしても、かっこよかったし、羨ましいなと思いました。それをきっかけに、私も奮起して頑張ることにしました。そして、いずれは「私も海外に行きたい」「英語でコミュニケーションをとりたい」と思いました。


TOEICの問題集が全然理解できないので、友人に相談してみる

TOEIC問題集に最初触れてみて、「全然わからない」という状態に陥りました。どの部分が苦手とか、そういうレベルではありませんでした。


そこで、友達に相談してみることにしました。そして友達のアドバイスにより、まずはTOEICから離れて他の事に取り組む事にしました。


英語を話そうという本をひたすらシャドーイングする


英語を話そう 」という、東進ブックスから出ているCD付の本があります。日常編や、ビジネス編などのシリーズがあります。


友達はこの本を「この本に出てくるフレーズをまるまる覚えておけば、まず会話で困ることはない!」と一押ししていました。「単語を差し替えるだけで使える便利な言い回しばかり」とのことです。


最初は「ただ聞いて、書いて覚えるだけ」だったのですが、どうもすぐに忘れてしまうし、思い出すのに時間がかかります。これでは、「試験で必要となる瞬発力が鍛えられない」と思い、英語の声の後に自分も同じく後を追って声に出すようにしました。


後で知りましたが、これがシャドーイングというのですね。


常にCDを流し、シャドーイング

「この方法でいける!」と確信し、今まで何気なく過ごしていた時間は大体このCDを流していました。「お風呂に入っている時、掃除している時」から「布団に入って寝る瞬間」まで、このCDのシャドーイングをしていました。


自分の声の録音にもトライ

また、一度自分の声を録音して聞いてみることもありました。ネイティブとの発音の違いがわかったりしますし、客観的に自分の声を聞いて学ぶべき所が見えることもあります。


成果を感じる

シャドーイングを続ける事で、きちんと話す能力がついてきました。それに伴って、リスニングの力も上がりました。実用性があり、自然に文法も習得できますし、シャドーイングはかなりおすすめです。


私は約1年このシリーズを繰り返し、表現を覚えました。


ちなみにですが、この本付属のCDは、
①まず日本語の短いフレーズの読み上げ
②同じフレーズの英語の読み上げ
という構成になっています。


1年が経過し、満を持してTOEIC学習開始


「随分英語に慣れたな」と感じたので、ついにTOEICの勉強にとりかかりました。


TOEIC問題集を最初に開いた1年前は全然わからなかったのに、今は分かる部分が随分と増えていました。


リスニングセクション

リスニングは、毎日のように英語音声に触れていたので、全く抵抗はありませんでした。何よりも、友達の言ったとおり、覚えたフレーズがリスニングセクションの中に沢山散りばめられていました。


リーディングセクション

リーディングに関しては、今まであまり力を入れていなかったのですが、リスニングがある程度できると読む力もついていたようで、何とかこなしていくことが出来ました。


友人から教わったTOEIC対策

友達から、TOEIC対策を色々と教えてもらいました。その中のひとつに

「何より勿体ないのは、最後まで解けずに、時間切れになってしまうことだ。」「長文は、一見大変そうに見えるが、そこまで難易度は高く無いので、とにかく問題に慣れてさくさく進めること。」

というものがありました。確かに実際の所、時間を気にせずに模擬試験を受けてみると、長文の正解率は私も高い。ですので、時間配分を常に考え、勉強に取り組みました。


TOEIC初受験の結果

結果は、
・リスニング380点
・リーディング320点
・トータル700点
でした。


私にとっては嬉しい結果です。その後、友達の友人のアメリカ人と話す機会がありました。もしかすると、私の会話は外国の方には子供のような話ぶりに聞こえたかも知れませんが、会話は成立していました。「まさかここまで出来るなんて」とちょっと自分を褒めてしまいました。


最後に

会話は出来ると書きました。しかし、やはりまだゆっくり喋ってもらわないと理解できない。ゆっくりでないと話せない状態です。ですので、これからはリスニングに加えてスピーキングもやっていこうと思います。


そして本文にはあまり関係ありませんが、現在、今まで頑張ったご褒美として、友達と「海外旅行に行きたいね」なんて、大きな計画を企てている最中です。これからもTOEICを受け続けます。少しずつでも、スコアが上がっていけば、言う事ありません。


安井美香
英語への憧れを胸に、TOEIC高得点取得を目的に勉強を開始。700点のスコアを獲得する。


▼この記事と同カテゴリーに属する記事

  1. 【TOEIC720】文学部生、清水友康さんの勉強法
  2. 【TOEIC740】玉の輿にのる!野上紗耶さんの勉強法
  3. 【TOEIC700】資格マニア主婦、小林はるみさんの勉強法
  4. 【TOEIC750】540→750を達成。橋本隆一さんの勉強法
  5. 【TOEIC790】通訳を目指す大学生、上村紗江さんの勉強法

TOEIC・英語勉強法