TOEIC・英語勉強法 当サイトについて 記事一覧 勉強法募集中 RSS facebook twitter

【TOEIC815】フリーライターみたむら みっちさんの勉強法

(2011年2月 7日 09:53)



TOEIC815点を達成。400点→720点→815点とスコアアップした、フリーライターみたむら みっちさんの勉強法です。


はじめに

フリーライターの「みたむら みっち」と申します。英語ジャンルに強いライターです。英文科の短期大学を卒業し、カナダに半年の短期留学経験があります。


TOEICを受験した理由

英語にもともと、強い興味があったこと。そして英文科の学校を出ているのに、実力があまりついたと感じられなかったので独学で勉強し、その成果を量りたかったからです。


TOEIC400→815を達成した勉強法


学校卒業時のTOEICスコアは400点前後でした。語彙力、文法力、リスニング力など全体的な力が不足していたので、全体の力を引き上げる勉強をしたいと思いました。また、楽しみながらでないと長続きしないと思ったので、勉強に娯楽要素を取り入れました。具体的な例をあげると、


洋書の多読

長文問題の得点が特に低かったので、読解力をアップするために、できるだけ生の英文をたくさん読むようにしました。洋書は日本語で読んで、すでに内容が頭に入っているものを選び読みました。村上春樹さんの本はたくさん洋書で出ているし、面白いのでどんどん読めました。


海外ドラマを英語で観る

リスニング力も弱かったので、とにかくどんどん聴くしかないと思い、最初は英語ニュースなどを聞き流ししていましたが、はっきり言って聞き流しはあまり頭に入らず、効果がありませんでした。


ですので、やはり自分が意識して聞き取る必要があると思い、大好きな海外ドラマをできるだけ字幕を観ないようにして、何時間も英語を聞き取りながら観ました。ドラマ自体が面白いので、これは面白いくらいに頭に生の英語のフレーズが入りました。個人的には「フレンズ」がお勧めです。


問題集でプレテストをする

ベタですが、受験の1ヶ月前になったら、きちんと時間を計ってTOEIC問題集でプレテストをしていました。ポイントは実際の試験と同じように時間制限を作ることです。そうすることで本番の際の時間配分が身に付きました。それに、プレテストの得点がある程度のスコアの目安になり、自信もつきます。


TOEIC400→815を達成


400点→720点→815点と一気にスコアアップできました。

<詳細>
学校卒業時:400点前後

社会人になってから数年後、学習を開始して1年程度で:720点(リーディング:380 リスニング:340)

720点取得後、継続的に英語を学習し、2年後再受験:815点(リーディング:415リスニング:400)


よかった点、悪かった点

良かった点

よかった点としては、楽しみながら勉強できるように自分なりに工夫したので、英語の学習を継続できたことです。やはり毎日すこしずつでも継続しなければ、実力がどんどん落ちていきます。


悪かった点

悪かった点としては、体系的な学習ではないため、おおまかに英語の力はつきましたが、高度な文法力や語彙力が未だ身に付いていないことです。わたしのこれからの課題は語彙力の向上です。


最後に一言

300〜400点くらいのスコアの方なら、わたしの行ったような勉強法で一気にスコアアップできると思います。重要なのは、毎日英語に触れる環境を自分で作ることです。海外ドラマを観るだけでも、リスニング力のトレーニングになります。がんばってください。


みたむら みっち
フリーライター。語学系教材の作成にも携わったことがあります。最近の趣味はDVD鑑賞と温泉。職業柄、身体がガチガチになるので、マッサージに行くのが天国です。


▼この記事と同カテゴリーに属する記事

  1. 【TOEIC800】商社マン高野誠さんの勉強法
  2. 【TOEIC840】大前花子さんの勉強法
  3. 【TOEIC865】1年で760→865を達成。村谷洋介さんの勉強法
  4. 【TOEIC800】3ヶ月で700→800を達成。真島祐介さんの勉強法
  5. 【TOEIC825】770→825を達成。ラストワルツさんの勉強法

TOEIC・英語勉強法