TOEIC・英語勉強法 当サイトについて 記事一覧 勉強法募集中 RSS facebook twitter

【TOEIC860】本職員になる為に。時田芳江さんの勉強法

(2010年12月 9日 10:55)



TOEIC650→860を達成した、時田芳江さんの勉強法です。


臨時職員から本職員になる為にTOEICを受験

私は中学の英語の臨採教師を6年しております。本採用試験は、TOEICが重きを占めるという訳では勿論ないのですが、730点以上を取得をすれば専門検査は免除になります。(こちらに関しては地区によって異なります。審査が一部免除になる場合もあったり、TOEICの最低スコアもそれぞれの地域で違うようです。)


そこで、
①本採用になる為
②更なる英語力の向上の為
TOEICに取り組み始めました。


現状分析

リーディングに抵抗はなかったのですが、リスニングが弱いと感じていました。大学時代には、短期留学に行ったりネイティブの先生の授業を受けたりもしました。しかし、染み込ませる程の勉強は今までしていなかったと思います。


まずはとりあえずTOEIC受験

ものは試し、ということで受けてみることにしました。


最初のスコアは
・リスニング270点
・リーディング380点
・合計650点
でした。

やはり、思った通りの結果が出てしまいました。考えていた以上に、聞き取り逃しが多かったですね。部分部分で単語が聞こえたりはするのですが、最終的に何を言っているのかがうまくつかめませんでした。


「自然にそれぞれのフレーズが聞こえてくるようにしなければ」と反省。それを次回のTOEICまでの目標に決めました。


TOEIC650→860を達成した勉強法


リスニングスコア向上の為、仕事のかたわら「英会話教室のイーオン」に通い始めました。


「自分自身が話せるようになればリスニング力も上がるかな」と思ったからです。私に合わせたレベルからのスタートで、理解しながら少しずつ進んでいきました。


イーオンでの苦悩

文章を読む力はありましたので、話を組み立てることは難しくはなかったです。しかし話す場合にも最初は「文字」考えるクセがあり、スムーズにいきませんでした。


教室の先生は、勿論、私が話し出すまで待ってくれました。ただやはり結構つっかかってしまい、これでは普通に会話をするには程遠いなと感じました。


話してみる機会を持って分かった「楽しさ」

ただ、直接会話をする機会を持ってわかったのは「純粋に楽しいな」ということです。 会話がサクサクと進んでいければ「もっと楽しいだろうな」とも思いましたし、TOEICもスコアアップできるはずとも思いました。


そのもどかしさから開放されるべく、英語にどっぷりつかる日々を送るようにしました。


TOEICリスニング対策

家に帰っても、映画を流しては「字幕を見ずに理解」をしたり、「外国のニュースを見たり」と、時間のある時に英語を染み込ませました。


スピーキングについては、英会話教室以外でも「英語でひとり言」を呟いていたりしました。また、意識して出来るだけ「心の中でのひとり言」も英語にするように徹底しました。


英会話の先生達とリアル英会話

また、英会話の先生方と仲良くなり、たまにですがご飯を食べたりする機会を持てた事は、私の恵まれていた点だと思います。リアルな日常会話を一緒に楽しむことが出来ました。


「英語を流す日々、会話をする日々」を重ねるにつれ、飛躍的にリスニング能力はアップしました。また、TOEIC問題集にも取り組み、試験にむけて準備もしました。この状態で、次回のTOEICに挑みました。


TOEIC860点達成


結果ですが、
・リスニング440点
・リーディング420点
・合計860点
を取ることができました。


最後に

TOEICでのスコアも嬉しかったのですが、もうひとつ、とても嬉しかったことがあります。それは、すぐにではなかったのですが、本採用試験に受かることが出来た事です。


臨採もありがたいことはありがたいのですが、産休の先生の代わりで入ったりと、1年まるまるいられない年もありやはり不安定でした。


職員試験は、かなりの倍率であることから、毎年ほんのわずかの人しか受かることができません。それでも、臨採での経験や英語力をつけたことで、年数はかかりましたが私の夢は叶いました。


TOEICを受けたことは、私の中では大きかったと思います。「やってやろう」と思わせてくれましたし、英語力のバランスも良くなりました。


授業でテキストを読む時も、生徒たちにできるだけ綺麗な発音で伝えられるようになりました。読み書きだけでは、やはり駄目だなと感じましたし、何しろ楽しくないような気がします。


これまで、多くの試験勉強をしてきました。でもそんな試験対策よりも、聞いて話す授業や聞いて話す機会がより多くなれば良いな、と自分自身の経験上思いました。


時田芳江
中学校英語教員。臨時採用職員から本採用試験合格を目指し、TOEIC730点以上取得へ。


▼この記事と同カテゴリーに属する記事

  1. 【TOEIC800】商社マン高野誠さんの勉強法
  2. 【TOEIC840】大前花子さんの勉強法
  3. 【TOEIC865】1年で760→865を達成。村谷洋介さんの勉強法
  4. 【TOEIC800】3ヶ月で700→800を達成。真島祐介さんの勉強法
  5. 【TOEIC815】フリーライターみたむら みっちさんの勉強法

TOEIC・英語勉強法