【TOEIC915】満点を目指す。佐々木修二さんの勉強法




TOEIC915点達成。佐々木修二さんの勉強方法です。

はじめに

これまでTOEICを受験した回数は数知れませんが、自分が受験する理由は満点を取得するため、それ一つです。ここ一年くらいは920点を下回ることはないので、このレベルに至るまでの勉強方法について書きたいと思います。

TOEIC915点を達成した勉強法

とにかく、TOEICで高得点取得を謳った書籍は片っ端から試しました。文法、リスニングなど分野別に弱点克服のドリルをどんどんこなし、CDは書籍に付属しているものを毎日流し聞きをして、覚えるほど聞いたら次、という具合でした。

長文をさっとスピーディに読み進めるというのは理屈でできることではないので、頭の中で「音読」せずに目だけで文章を追って内容を理解する練習を繰り返しました。この時に使用したのは、アルクが出している津吉襄氏の「最強の英文リーディング」という書籍です。

また、「ほとんど分かるけれど、<分からない表現は一つもないところ>まで届くのに今一歩」という最後の壁を破ったのが、上級者向けの英文法や語彙を鍛える本でした。

TOEIC TEST990点満点 英文法・語彙」(明日香出版社)という書籍ですが、知っている表現は三分の一程度というのに驚いて、夢中で読破しました。それまで感じていた壁がスッと低くなったような感じがして、初めて915点という点数を取得できました。

最後に

やはり満点というのは敷居が高く、あと一歩のところでミスが出たりします。ここまできたので、一度でも満点を取得すべく頑張り続けたいと思います。

佐々木修二

TOEICで満点取得することだけしか今は考えていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です