集中して勉強する為の2つの考え方




学習効率を高める上で、集中して勉強するのは重要な事です。沢山勉強していても、効果が上がらないようであればそれは無駄といえます。できるかぎり、質の高い学習を行いたいものです。そこで今回は

「集中して勉強する為の2つの考え方」

を紹介したいと思います。

集中を阻害する物をあらかじめ除去する

「携帯電話の電源をオフにする」「テレビを消す」等、あらかじめ自分が集中力の集中力を奪う物を除去します。もちろん、テレビを流している方が集中できるという人は、流しておけば良いです。

今までの生活パターンや学習パターンを考えると、どういった時に集中力が途切れているかはある程度分かると思います。そうった邪魔者をあらかじめ除去する事で集中して勉強できます。

集中できる環境を見つけ、実践する

「カフェでやる方が集中できる」「図書館のシーンとしたのが良い」等、人それぞれ集中できる環境は違います。音楽も「聞いた方が集中できる人、聞かない方が集中できる人」がいたりします。色々試してみて、自分にベターな方でやると良いでしょう。

最後に

今までの人生においての

「学習パターン」「集中力を発揮できる環境」などを振り返り、当てはめる事が大切

であると思います。また、「集中できる場面がわからん」という様な人は、今まで意識してこなかったか、場数を踏んでいないだけです。そういう場合は色々と試してみて、自分なりの集中できるパターンを見つけていくと良いと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です