【TOEIC650】昇進条件にTOEICが。グローバルさんの勉強法




TOEIC520→650を学習期間3ヶ月で達成したグローバルさんのTOEIC学習法です。

簡単な自己紹介

はじめまして。グローバルです。40代の男で、会社員をしています。よろしくお願い致します。

TOEICを受験した理由

社内昇進の条件にTOEICスコアが必須条件となったことです。具体的には、課長昇格時に650点が必須、750点が推奨となっています。また海外派遣条件の場合は、750点が必須となっています。

TOEIC520→650を達成した勉強法




書店やネットに様々なTOEIC用教材が多数発売され、情報過多の状態ですが、一番正確な情報は、試験団体の国際ビジネスコミュニケーション協会から出されている「TOEICテスト新公式問題集」です。現在の版数はvol.4ですが、過去の版数でも構いません。この問題集を使って、徹底的に試験形式に慣れました。

CD-ROMが付いていますので、iPodに取り込んで、いつでもどこでも聴いていました。最初のうちは、なかなか聞き取れない内容も、繰り返して聞いていくうちに、少しずつですが分かるようになりました。最終的には、試験の形式のみならず、内容についても傾向を理解し、体に染み付いたと思います。

リスニングパート勉強法

各パートの勉強法ですが、私はリスリングが弱いので、兎にも角にも英語の音に慣れる環境を作るようにしました。具体的には、CNNABCのニュース素材をPodcastからiPodに取り込んで朝夕の通勤時、昼休みに聞いていました。

最初のうちは、話されている内容をほとんど理解できませんでしたが、繰り返して聴いていくうちに、半分程度は理解できるようになりました。

リーディングパート勉強法

<パート7対策>

リーディングのパートでは、パート7対策として、読むスピードを上げる必要があるため、ジャパンタイムズ社から出されている「週刊Student Times」を購読しました。日本語訳や単語の訳もついており、辞書なしに気軽に読め、読解するスピードが向上したと思います。

<パート5対策>

パート5の文法は、中学英語レベルですが、意外と忘れていることもあるので、試験直前に復習しました。文法に特化した市販の問題集やネット素材を活用し、仕上げを行いました。

その他留意点

学習する順番として、PART2→PART5が推奨されている本がありますが、個人によって強み、弱みが違うので、必ずしもそうとは言えません。

初回受験者ならそれでも良いと思いますが、2回目以降の方は、前回受験した結果のレポート・アドバイスをよく読んだ上で、自分独自の学習の順番を決めた方が良いと思います。現在の状況、弱点を客観的に認識することは、大変重要です。

最近、任天堂のDS用にTOEICソフトが出されております。購入して取り組んでみましたが、PART7などの長文の問題は、小さな画面ではやりづらく長続きはしませんでした。

TOEIC受験結果




上記学習法を行った結果、学習期間3ヶ月で、

リスニングセクション250→300

リーディングセクション270→350

合計 520→650

となりました。

よかった点、悪かった点

良かった点

良かった点は、いろいろ手を出さずに、「TOEICテスト新公式問題集」に絞ったことです。特にリスリングは毎日聞くことで、試験対策上は大きな効果があったと思います。
公式問題集に勝るテキストはないと思います。

悪かった点

悪かった点は、公式問題集に絞ったものの、他の教材にも手を出してしまったことです。

最後に一言

TOEICのスコアは、正しいやり方で繰り返してやれば、必ず得点アップします。諦めずに毎日粘り強くコツコツやることが何よりも大事です。いろいろ手を出さずに、公式問題集を徹底的に取り組むことが大事です。

グローバル化の流れは、大企業だけにとどまらず、全ての企業に影響があります。TOEICのスコアアップは、ビジネスパーソンにとっては避けることのできないものになっています。積極的にチャレンジしていきましょう。

グローバル

40代男性で会社員をしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です