【TOEIC730】テニス大好き大学生おぎゅうそらいさんの勉強法




TOEIC730点を達成された都内のテニス大好き大学生、「おぎゅうそらい」さんの勉強法です。

はじめに

はじめまして。おぎゅうそらいです。現在は都内の大学で学生やってます。よろしくお願いします。ちなみに、テニスが大好きです。がんばれ錦織圭!!!

TOEICを受験した理由

就職活動で必要なので受験しました。外資系企業では、TOEIC800点以上などの最低要件を設けているものがあります。

また、大学院受験でもTOEICを利用できるものがあり、やはり最低限800点は必要となります。そのため、800点を目標として勉強していました。

TOEIC730点を達成した勉強法



勉強期間と分量

本格的に準備を始めたのは、テストの二週間前です。休日の4日間はすべて勉強に充て、模擬試験形式のテキストを3回分解きました。

ちなみに、答え合わせに時間をいっぱいかけました。平日は少し忙しかったので、通勤の往復2時間に眠い目をこすりながらリスニングを強化しました。iPodが使えます!!!

使用した教材

TOEIC(R)テスト新・最強トリプル模試3
」という教科書を利用しました。本番の試験よりは少し難易度が高いですが、問題傾向は本番と同様だったのでオススメです。

また、ブックオフでジャパンタイムズの「TOEICリスニング完全攻略
」を購入し、通勤時に一周しました。古いテキストはリスニングのスピードがやや早いですから注意してください。

普段の英語の勉強

普段もできるだけ英語に触れるようにしています。まず、「YOUTUBE」で英語のニュースや講義を聞いたりしています。また、「毎日一分!英字新聞」というメーリングリストに登録して、送られてくるメールは必ず一読するようにしています。

また、「ターゲット1900
」という単語帳と「NEXT STAGE
」という文法書は一通り暗記しています。これは大学受験の遺産ですが、やはり最低限これらは暗記する必要があると思います。

TOEIC730点を達成

結果は730点でした。最初の目標からすれば少し残念ですが、高校時代の受験では600点程度だったので、それからは成長した印象を受けます。

ちなみに、リスニングは335点リーディングは395点です。(各490点満点中)

良かった点、悪かった点

良かった点はリーディングの基礎ができていたことで、悪かった点はリスニングが全体的に低かったことです。TOEICのフィードバックでは、難易度別に「どの問題が解けなかったか」を示してくれます。

リーディングでは、基礎問題は大体できていたので、あとは語彙を増やして、応用問題を訓練すれば大丈夫ということがわかりました。一方、リスニングは全体的に平均を少し上回る程度で、唯一短い短文セクションがよく出来ていました。

最後に

英語で大切なのは、まず多く触れることです。たとえ勉強の質が低くても、たくさん触れれば点数が少しずつ伸びます。これを「多読多聴」と言います。ただ、それだけではなく「精読精聴」といって、一語一句聞き逃さない勉強法を加えると英語の確固たる礎が築かれるようです。(「はじめてのiBT TOEFL TEST学習法ガイド
」より)

ちなみに、僕は「多読多聴」中心で730点まで点数を伸ばしました。なので、これからは「精読精聴」も加えて800点を目指したいと思います。最後に、この文章を読んでいただいて、ありがとうございます。僕の経験が、少しでもあなたの役に立てば幸いです。

P.S 試験会場に時計はありません。必ず「腕時計」を持参してください。僕は時計を忘れたので、時間がわからないまま受験しました。本当にヒヤヒヤで、もうあんな経験はしたくないです・・・

おぎゅうそらい

都内の大学生。TOEIC730を達成。テニスが大好きです。がんばれ錦織圭!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です