ジェーン・オースティン(Jane Austen)

ジェーン・オースティン – Wikipedia

ジェーン・オースティン(Jane Austen、1775年12月16日 – 1817年7月18日)は、イギリスの小説家。ハンプシャーのスティーブントン生れ。Austen を「オーステン」とする表記もある。

18世紀から19世紀イングランドにおける田舎の中流社会を舞台として、女性の私生活を結婚を中心として皮肉と愛情を込めて描き、イギリス小説の頂点とされる。また英語における自由間接話法(描出話法、w:Free indirect speech)の発達に大きく貢献したことでも知られる。主要作品は『分別と多感』『高慢と偏見』『エマ』『マンスフィールド・パーク』『ノーサンガー僧院』『説得』の6つの長編小説。

関連するサイト内TOEIC勉強法記事

【TOEIC990】満点を達成。江崎友理さんの勉強法

ジェーン・オースティン代表作

▼Sense and Sensibility (Penguin Classics)
0141439661

「分別と多感」

▼Pride and Prejudice (Penguin Classics)
0141439513

「高慢と偏見」

▼Emma (Penguin Classics)
0141439580

「エマ」

▼Northanger Abbey (Penguin Classics)
0141439793

「ノーサンガー僧院」

▼Persuasion (Oxford World’s Classics)
0199535558

「説得」

関連外部リンク

分別と多感 – Wikipedia

高慢と偏見 – Wikipedia

エマ(小説) – Wikipedia

ノーサンガー僧院 – Wikipedia

説得 – Wikipedia


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です