ワーキングホリデー

ワーキング・ホリデー – Wikipedia

ワーキング・ホリデー (Working Holiday) とは、二国間の協定に基づいて、青年(18歳~25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。

日本政府とワーキング・ホリデー査証(ビザ)に関する取極又は協定を結んでいるのは発効順にオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、中華民国(台湾)、香港の11か国である。

原則として各相手国ごとに一生に一度しか利用できない。ただし、オーストラリアについては2005年11月より一定の条件を満たすことにより2回目のビザ取得が可能になった。

ワーキングホリデーというワードを含んだ勉強法記事

【TOEIC700】花井琴絵さんの学習法

ワーキングホリデー関連外部サイト

社団法人 日本ワーキング・ホリデー協会

ワーキングホリデー-地球の歩き方「成功する留学」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です