接頭辞とは?

接頭辞とは、英単語の前につくもので、語源を元にした英単語学習の際に重要視されています。下記に、代表的な接頭辞を掲載します。

代表的な接頭辞

否定の意味を作る「un-」「dis-」「in-」

<単語例>

able・・・〜することができる

unable・・・〜することができない

appear・・・現れる、登場する

disappear・・・消える、姿を消す

justice・・・正義、公正

injustice・・・不公平、不正

中へを意味する「in-」、外へを意味する「ex-」

<単語例>

interior・・・内部の、内側の

exterior・・・外側、外観

include・・・〜を含む

exclude・・・〜を排除する

水のを意味する「aqua-」

<単語例>

aquarium・・・水族館

Aquarius・・・みずがめ座

二つのを意味する「bi-」

<単語例>

bimonthly・・・2カ月に一度、隔月に

bicycle・・・自転車

接頭辞で英単語を学ぶ

他にも色々な接頭辞があります。こういった語源を覚える事で、新たな単語を目にした時に、どういう意味をもっているか予想しやすくなります。また、暗記する際にも効率よく覚えていく事が出来るようになります。興味のある方は、是非活用してみると良いでしょう。

▼語源とイラストで一気に覚える英単語 (アスカカルチャー)
4756906834

「語源」で単語を覚えることが注目を集めています。本書では、特に語源のイメージをつかみやすい単語を中心にセレクト。語源の意味を連想させるイラストによって、丸暗記ではなくビジュアルでイメージをつかめます。2色刷り、赤シートつき。単語力をつけたい人・暗記が苦手なタイプ・理論派の方におすすめです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です