【TOEIC785】大学生の仁科孝敏さんの勉強法




TOEIC785を達成した大学生、仁科孝敏さんの学習方法です。

はじめに

TOEICを受験したのは、海外で通用する人間になるためには英語でのコミュニケーション力が不可欠だと考えたからです。

TOEIC785を獲得した勉強法

現在はオンラインシステムで英会話を学習しながら、英会話サークルで定期的に英語で話す練習をしているので、TOEICの試験対策は普段の学習の延長上で行いました。

リスニングでは一回しか聞き取りのチャンスがないため、相手の言うことは正確に、確実に聞き取る必要があるので、オンライン英会話では全神経を集中させて先生の言うことを聞く、聞いた内容をその都度頭の中で反復する、などの練習をしました。

文法の間違いなども、自分が言い間違えた箇所は先生が訂正してくれるので、自分が話せば話すほど学べる環境の中で多くのことを学びました。

また英会話の学習の中ではあまりリーディングを鍛える場がないので、アメリカとイギリスのニュースサイト、とくにビジネス関連のニュースにこまめに目を通して、サークルのフリートークの場でそれらの話題を出すようにしました。

口に出して話すことで曖昧に覚えている表現に対する理解が深まったり、他の部員と話すことで自分の理解度を確認することにつながったりするからです。そのような形で学習を進めながら受験した結果は、785点でした。

最後に

今回の学習では、英語で話すといっても日本人相手がほとんどなので、果たして海外で通用するのか、まだ不安です。TOEICは終わりましたが、引き続き学習は続けたいと思います。

仁科孝敏

今は英会話サークルとバイトでプライベートタイムの大半を過ごしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です